葉酸 妊娠 不妊

葉酸 妊娠 不妊

 葉酸は妊娠中にだけ必要だと思われがちですが、実はダイエットにも効果絶大です。ダイエット中の食生活はどうしてもカロリーの事を気にしてしまい、食事制限などで栄養が偏りがちです。食事制限をする事で、必要な栄養素も制限することになってしまい、体調不良を起こしやすくなります。
 不足しがちな栄養素を補うためにも、葉酸は必要なのです。食事制限の影響でホルモンのバランスが崩れてしまいます。ホルモンが崩れてしまうと、疲労感や月経不順の身体的症状の他に意味も無くイライラしてしまうなど、心身共に異常をきたします。葉酸は、ホルモンバランスを整えてくれるだけでなく、心を落ち着かせる効果があります。

 

 肌に必要なビタミン類は普通の食生活をおくっていれば、必要量は足りています。ですが、ダイエット中は栄養素が不足しがちになってしまいます。なかでも葉酸は不足しやすい栄養素で日頃から意識して摂取する必要があります。葉酸が不足すると、貧血を起こし肌の血色が悪くなってしまします。葉酸は「造血のビタミン」と言われ、健康な血液を作るために必要不可欠で、健康的な肌を保つためには大切な栄養素になります。

 

 葉酸はダイエットの手助けもしてくれます。ダイエット中は便秘になりやすく、体に毒素を貯めがちになります。葉酸を摂取することで新陣代謝がよくなり便秘が改善されます。食事制限中でも、葉酸を摂取する事でダイエットをスムーズに進めることができます。

 

 ダイエットを成功させるためには食生活が大切になります。日々の食事に葉酸が含まれている食材を取り入れましょう。葉酸は元々、ホウレン草から抽出された栄養素です。葉物野菜や柑橘類に多く含まれています。
 厚生労働省が推薦している1日の摂取量は200μgです。以下の食材は葉酸を多く含んだ食材になります。参考にしてみてください。
・ゆで枝豆(260μg) ビタミン・ミネラルが豊富でタンパク質・脂質が高い食事でもあります。余分な資質を体外へ排出する効果があります。
・ブロッコリー(210μg) 葉酸だけでなく、コラーゲン生成を助ける働きがあります。女性には嬉しい効果がありますが、水溶性ビタミンなので煮込むとビタミンCが失われてしまいます。煮汁ごと摂取することで、補うことができます。
・レバー(100gあたり410μg〜650μg) レバーは肉の種類に関わらず、葉酸が豊富に含まれています。ダイエットは貧血を起こしやすいので鉄分を多く含むレバーは一石二鳥となります。

 

 女性にとって美肌やスラリとした体形は、憧れであり目標です。葉酸を上手く活用して役立ててください。