ピジョン葉酸 添加物 妊娠前

ピジョン葉酸 添加物 妊娠前

 「葉酸」は妊娠中・授乳中の女性が摂取するものというイメージがありますが、実は男性にも必要な栄養素なのです。女性だけでなく、男性も葉酸を摂取することで、健康な赤ちゃんを授かることができます。
葉酸には男性の精子を正常に保つ働きがあります。染色体異常の精子を減少させる効果があり、妊娠を希望されている夫婦は二人が葉酸の摂取をすることが大切だと言われています。また、夫婦で取り組むことで赤ちゃんに対する気持ちも大きくなり、お母さんも大変助かります。
では、葉酸はいつから摂取し始めたらよいのでしょうか?女性は妊娠1ヵ月前から摂取し始めるのが理想的と言われています。男性の場合は体内で精子がつくられるのに3ヵ月かかるので、妊娠4ヵ月前から摂取し始めたら良いでしょう。
夫婦で栄養管理をしていき、体調を整えて行くことが大切です。妊娠を希望している女性は「葉酸サプリ」を積極的に利用しますが、葉酸サプリには女性用、男性用というものは無いので奥様が飲んでいるものを一緒に飲むのがオススメです。

 

葉酸の効果と言えば「妊娠」を連想される方が多いと思いますが、葉酸には育毛や、うつにも効果的だと言われています。
葉酸にはビタミンB群と結びついて髪の成長を促します。これらを補給する事で艶々の髪が生えやすく、抜け毛の量も大幅に減ります。
髪の毛にダイレクトに効果があるというわけではなく、体内から徐々に効いていくものです。日頃から、摂取していくことで効果が出てくるので継続することが大切です。

 

現代社会では、およそ10人〜15人に一人は生涯の内一度はうつ病を発症すると考えられており、その3分の1は男性だと言われています。
はっきりとは解明されていませんが、うつにはビタミンBが関係していると考えられており葉酸も関わりがあります。葉酸には気分を落ち着かせる、神経を正常に機能させる効果があります。そのため、うつ病との関係も深いという訳です。
 葉酸が不足すると、気持ちが不安定となり迎うつ状態になります。うつ病患者の80%は葉酸不足ということが研究結果からわかっており、処方薬が効かないという人でも葉酸を継続的に摂取すると効き目が60%から90%にまで上がったという結果も出ています。

 

厚生労働省が推進している成人男性の葉酸摂取量は240μg、耐用上限量1300μg〜1400μgです。この数値は食事性葉酸の摂取量なので、葉酸サプリメントなどの耐用上限量は764μg〜823μgとなります。
葉酸は男性にも効果的ですが、上限量に気を付けて摂取しましょう。