葉酸 血管 きれいに

葉酸 血管 きれいに

葉酸は血管をきれいにする効果がある?

 

血管がキレイになる

最近、よく葉酸の話題をテレビでみるのですが、実は葉酸には血管をキレにする効果があることがわかりました。
果たしてその効果とは?

ホモシステインとは何か??

 

葉酸は血管をさらさらにする効果があるの?

私がこの葉酸の働きを知ったのは実はテレビ東京である番組で放送されていた事がきっかけでした。
中高年が一番悩んでいる悩みの1つに血管から来る病気です。
例えば、高血圧や動脈硬化など、成人病の一種でるよね?この成人病の一種である、血管の病気をどのように改善していけば良いのでしょか?

 

 

まず、どうして血管は歳を取るの?

血管が歳を取る原因は、ホモシステインという成分にあります。
このホモシステインはあまり耳にしない名前ですよね?
このホモシステインはメチオニンといって肝臓を活発にしてくれたりと本来、体にとって有効な成分を出してくれるメチオニンという働きがあります。このメチオニンですが、私たちが普段普通に生活をしていても実はホモシステインという成分になってしまいます。
このホモシステインが実は血管を老朽化させる原因です。
このホモシステインですが、血液の中でこのホモシステインの濃度が上がってしまうと、活性酸素を放出してしまいます。
このように活性酸素を放出してしまう事によって何が起きるかというと・・・そうです。活性酸素はあなたもご存知のように老化の原因と言われる成分です。
まず肌に関しては、シミを作ったり、またニキビを悪化させたり、肌の環境をどんどんと悪くしていってしまう働きがあるものです。

 

そして一番怖いのが血管との働きです。
血管で活性酸素を出すと、コレステロールと結合してその結合した物質は血管にどんどんとくっついてしまいます。
このくっついた状態がどんどんと増えていくとどのような状態になるのか分かりますよね?そうです。この状態が続いてしまうと、血管がどんどん汚れがついてしまい血液が通る所がなくなってしまう状態です。
これを動脈硬化といいます。
またその他に活性酸素はどんどんと血管の柔軟性を奪ってしまう働きもあります。なので柔軟性を奪われてしまった血管はどんどんと固くなってしまい老化すると言われています。
このように血管がどんどんと歳を取ってしまうんですね・・・

 

では、なんで葉酸が良いのか?

葉酸の良い働きの1つに、このホモシステイン値をどんどんと下げてくれる働きがあります。
メチオニンから作られるホモシステインですが、葉酸が欠乏していない場合だと、葉酸がこのホモシステインをもともメチオニンへと戻してくれたり、また違う物質へと変換してくれる働きをもっています。
これらの事から血管の若返りにとても有効と言われています。

 

 

 

ただ注意したいのがお酒との相性が非常に悪く、お酒を飲むと悪性成分が出てしまい葉酸を分解してしまいます。
せっかくとった葉酸が分解されさらに、お酒やタバコ活性酸素のもとになります。もし本気で血管をキレイにしたいと思うのであれば、少しアルコールを減らして、いくのはいかがでしょうか?